• タイムリーな支援につなげる 浪江町民への健康調査
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
タイムリーな支援につなげる 浪江町民への健康調査 For support in a timely manner -JRCS health consultation program for people evacuated from Namie to Iwaki- 2012年12月13日から2013年1月17日までの間、前橋赤十字病院の大澤忠看護師と慶野和則看護師が活動した。調査結果については、浪江町役場の保健師や生活支援担当者らも交えた定例会議で報告し、住民の声をもとにタイムリーな支援が提供できるよう話し合った。 From Dec. 13, 2012 to Jan. 17, 2013, Tadashi Osawa and Kazunori Keino, nurses from the Japanese Red Cross Maebashi Hospital, conducted the health consultation program. The nurses reported about the results at a regular meeting held with the local government staff of Namie including public health nurses and persons in charge of life support for the Namie people. At the meeting, the participants discussed to provide support for the Namie people in a timely manner. 2012年12月13日から2013年1月17日までの間、前橋赤十字病院の大澤忠看護師と慶野和則看護師が活動した。調査結果については、浪江町役場の保健師や生活支援担当者らも交えた定例会議で報告し、住民の声をもとにタイムリーな支援が提供できるよう話し合った。 From Dec. 13, 2012 to Jan. 17, 2013, Tadashi Osawa and Kazunori Keino, nurses from the Japanese Red Cross Maebashi Hospital, conducted the health consultation program. The nurses reported about the results at a regular meeting held with the local government staff of Namie including public health nurses and persons in charge of life support for the Namie people. At the meeting, the participants discussed to provide support for the Namie people in a timely manner. こころのケア,浪江町民健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health consultation for Namie people,CAT-02-02 浪江町民健康調査活動(時系列ページ) JRCS Health Consultation Program for People Who Evacuated from Namie Town (Timeline webpage) 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 生活支援 復興 福島第一原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4,1page 日本赤十字社 Japenese Red Cross Society 無条件に可 000649-08 文書 文書データ 福島県いわき市 Iwaki, Fukushima 福島県浪江町 Namie, Fukushima 2012/12/13 2013/01/17