• ウクライナ年次報告2012
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
ウクライナ年次報告2012 Ukraine Annual Report 2012 チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金は厳しい資金状況に直面しており、2012年の全予算の50%以下しか確保できなかった。移動診療チームは、日本赤十字社の支援で、2012年9月まで活動を継続したが、その後終了した。 CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) encountered serious funding constraints, less than 50% of the budget for 2012 had been provided. The mobile diagnostic teams continued their activities till September 2012 with the donation of Japanese Red Cross, then terminated. チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金は厳しい資金状況に直面しており、2012年の全予算の50%以下しか確保できなかった。移動診療チームは、日本赤十字社の支援で、2012年9月まで活動を継続したが、その後終了した。 CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) encountered serious funding constraints, less than 50% of the budget for 2012 had been provided. The mobile diagnostic teams continued their activities till September 2012 with the donation of Japanese Red Cross, then terminated. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2013/04/30 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,14ページ A4,14pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000531-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 2012/01/01 2012/12/31