• ベラルーシ中間報告2012
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
ベラルーシ中間報告2012 Belarus Mid-Year Report 2012 チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金は危機的な状況に直面しており、2012年の全予算の47%しか確保できない。7月にアイスランド赤十字社から、3台の移動診療所をベラルーシで稼働させるための寄付があったが、2012年後半の見通しは非常に暗い。 CHARP (Chernobyl Humanitarian and Rehabilitation Programme) had been facing a critical funding crisis. Only 47% of the total 2012 budget had been covered to date. In July the Icelandic Red Cross donated to support the three mobile diagnostic units operating in Belarus, however the prospects for the second half of 2012 looked pretty dim. チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金は危機的な状況に直面しており、2012年の全予算の47%しか確保できない。7月にアイスランド赤十字社から、3台の移動診療所をベラルーシで稼働させるための寄付があったが、2012年後半の見通しは非常に暗い。 CHARP (Chernobyl Humanitarian and Rehabilitation Programme) had been facing a critical funding crisis. Only 47% of the total 2012 budget had been covered to date. In July the Icelandic Red Cross donated to support the three mobile diagnostic units operating in Belarus, however the prospects for the second half of 2012 looked pretty dim. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2012/08/30 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,14ページ A4,14pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000529-00 文書 文書データ 海外 ベラルーシ Belarus 2012/01/01 2012/06/30