• CHARP年次報告2011
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次報告2011 CHARP Annual Report 2011 チェルノブイリ事故後25年経過したのにもかかわらず、災害による健康への影響は深刻なままである。従って、2012年もチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は同じコンセプトに基づいて活動すべきである。国連のチェルノブイリ行動計画に従って、CHARPは少なくとも2016年まで継続すべきである。しかし、国際社会からの支援を得ることが益々困難になって来るかもしれない。従って、IFRCと3か国の赤十字各社は、どのようにして地域からの支援を増やすか、どのようにして各政府の医療制度に徐々に移管して行くかについて検討しなくてはいけない。 in spite of 25 years after Chernobyl accident the health consequences of this disaster remained serious. Therefore in 2012, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) should operate on same conceptual basis. In accordance with the UN Action Plan on Chernobyl, CHARP should be continued at least until 2016. However it might be more and more difficult to raise international support for the programme. Therefore the IFRC together with the 3 National Societies would have to consider how to further increase local input, and how to gradually hand over to the governmental health care system. チェルノブイリ事故後25年経過したのにもかかわらず、災害による健康への影響は深刻なままである。従って、2012年もチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は同じコンセプトに基づいて活動すべきである。国連のチェルノブイリ行動計画に従って、CHARPは少なくとも2016年まで継続すべきである。しかし、国際社会からの支援を得ることが益々困難になって来るかもしれない。従って、IFRCと3か国の赤十字各社は、どのようにして地域からの支援を増やすか、どのようにして各政府の医療制度に徐々に移管して行くかについて検討しなくてはいけない。 in spite of 25 years after Chernobyl accident the health consequences of this disaster remained serious. Therefore in 2012, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) should operate on same conceptual basis. In accordance with the UN Action Plan on Chernobyl, CHARP should be continued at least until 2016. However it might be more and more difficult to raise international support for the programme. Therefore the IFRC together with the 3 National Societies would have to consider how to further increase local input, and how to gradually hand over to the governmental health care system. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,総合ビタミン剤,チェルノブイリ事故から25年、将来の安全のために,チェルノブイリ:死の灰の25年,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,multivitamin,Twenty-Five Years after Chernobyl Accident. Safety for the Future,Chernobyl: 25 Years of Fallout,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2012/04/30 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000516-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2011/01/01 2011/12/31