• CHARP中間報告2011
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP中間報告2011 CHARP Mid-Year Report 2011 チェルノブイリ災害の25周年に関連して、いくつかのイベントが開催された。国連機関間タスクフォース(UN IATF: Inter-Agency Task Force)がビデオ会議形式で開催され、IFRCはチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の活動を紹介し、この重要な事業は継続されるべきであることを強調した。「チェルノブイリ事故から25年、将来の安全のために」がウクライナ大統領の主導により開催された。この会議では、IFRC会長からの赤十字のチェルノブイリに関連する活動を強調する声明が発表された。「チェルノブイリ:死の灰の25年」というタイトルの記録映画が制作され、チェルノブイリ事故の健康への影響と赤十字の移動診断チームの医師の活動が描かれている。
2011年後半も、CHARPは同じコンセプトにて活動を行う。 In the connection with 25th anniversary of Chernobyl disaster several events were held. UN IATF (UN Inter-Agency Task Force) was organized via videoconference and IFRC presented CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities, emphasized this important work should be continued. "Twenty-Five Years after Chernobyl Accident. Safety for the Future" initiated by President of Ukraine. IFRC delivered a statement of IFRC President, highlighting Chernobyl-related activities of Red Cross. The film titled "Chernobyl: 25 Years of Fallout" was produced, profiling the health consequences of Chernobyl disaster and highlights work of RC mobile laboratory team doctors.
In the second half of 2011, CHARP would be to operate on same conceptual basis. チェルノブイリ災害の25周年に関連して、いくつかのイベントが開催された。国連機関間タスクフォース(UN IATF: Inter-Agency Task Force)がビデオ会議形式で開催され、IFRCはチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の活動を紹介し、この重要な事業は継続されるべきであることを強調した。「チェルノブイリ事故から25年、将来の安全のために」がウクライナ大統領の主導により開催された。この会議では、IFRC会長からの赤十字のチェルノブイリに関連する活動を強調する声明が発表された。「チェルノブイリ:死の灰の25年」というタイトルの記録映画が制作され、チェルノブイリ事故の健康への影響と赤十字の移動診断チームの医師の活動が描かれている。
2011年後半も、CHARPは同じコンセプトにて活動を行う。 In the connection with 25th anniversary of Chernobyl disaster several events were held. UN IATF (UN Inter-Agency Task Force) was organized via videoconference and IFRC presented CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities, emphasized this important work should be continued. "Twenty-Five Years after Chernobyl Accident. Safety for the Future" initiated by President of Ukraine. IFRC delivered a statement of IFRC President, highlighting Chernobyl-related activities of Red Cross. The film titled "Chernobyl: 25 Years of Fallout" was produced, profiling the health consequences of Chernobyl disaster and highlights work of RC mobile laboratory team doctors.
In the second half of 2011, CHARP would be to operate on same conceptual basis. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,総合ビタミン剤,チェルノブイリ事故から25年、将来の安全のために,チェルノブイリ:死の灰の25年,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,multivitamin,Twenty-Five Years after Chernobyl Accident. Safety for the Future,Chernobyl: 25 Years of Fallout,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2011/08/31 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000515-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2011/01/01 2011/06/30