• CHARP年次報告2010
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次報告2010 CHARP Annual Report 2010 2010年の活動の中心は引き続き甲状腺がんの検診とこころのケア支援であった。併せて移動診療所(MDL)は乳がん検診とHIV/AIDS防止の活動も行った。
国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)会議で議論された最も重要な課題の一つは、プログラムの持続可能性であった。これは2010年の重要課題であったが、ベラルーシ、ウクライナ、ロシア連邦が世界的な金融・経済危機によって大きな打撃を受けたため、プログラムをすべてそれぞれの国に移管するという計画は、実現しなかった。
チェルノブイリ災害の25周年記念に合わせて、IFRCと各赤十字社は数々のイベントを催した。 The core activities in 2010 remained thyroid cancer screening and psychological support. Along with MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) provided screening for breast cancer and HIV/AIDS preventive activities.
One of most important issues discussed in ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) meeting was providing sustainability for the programme. Although this was a priority for 2010, however due to the fact that Belarus, Ukraine and Russian Federation had been severely hit by the global financial and economic crises, realistically the programme could not be fully handed over to local governments yet.
In the connection with 25th anniversary of Chernobyl disaster the IFRC and National Societies organised a number of events. 2010年の活動の中心は引き続き甲状腺がんの検診とこころのケア支援であった。併せて移動診療所(MDL)は乳がん検診とHIV/AIDS防止の活動も行った。
国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)会議で議論された最も重要な課題の一つは、プログラムの持続可能性であった。これは2010年の重要課題であったが、ベラルーシ、ウクライナ、ロシア連邦が世界的な金融・経済危機によって大きな打撃を受けたため、プログラムをすべてそれぞれの国に移管するという計画は、実現しなかった。
チェルノブイリ災害の25周年記念に合わせて、IFRCと各赤十字社は数々のイベントを催した。 The core activities in 2010 remained thyroid cancer screening and psychological support. Along with MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) provided screening for breast cancer and HIV/AIDS preventive activities.
One of most important issues discussed in ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) meeting was providing sustainability for the programme. Although this was a priority for 2010, however due to the fact that Belarus, Ukraine and Russian Federation had been severely hit by the global financial and economic crises, realistically the programme could not be fully handed over to local governments yet.
In the connection with 25th anniversary of Chernobyl disaster the IFRC and National Societies organised a number of events. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2011/04/29 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000514-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2010/01/01 2010/12/31