• CHARPプログラムアップデート2009
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARPプログラムアップデート2009 CHARP Programme Update 2009 チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の活動の重要な効果の一つに、こころのケア支援を通して住民のストレスレベルが下がってきたことがあげられる。
2010年でCHARPプログラムは20周年を迎えた。これを機会に、CHARPの経験を分析し、「チェルノブイリに関する最高の実例」として公開することにしている。プログラムの成功を国際社会に発表することは、原子力災害の事後対応で赤十字が得たユニークな体験を示すことになる。
プロジェクトの主な制約となったのは資金不足であった。国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)では国際社会からのさらなる支援を結集する方法や、どうしたら地域からの資金をもっと積極的に得ることができるかについて話し合った。 An important impact of CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities was the decrease of the stress level of the population achieved through psychosocial support.
In 2010 CHARP programme turned 20 years old. In this connection the experience by CHARP would be analysed and published as "a best practice case" of Chernobyl engagement. Publicising the success of the programme internationally would demonstrate the unique experience the Red Cross had obtained in the follow-up of a nuclear accident.
The main constraint of the project was lack of funding. ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) discussed ways of mobilizing further support from the international community and how to more actively increase local input. チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の活動の重要な効果の一つに、こころのケア支援を通して住民のストレスレベルが下がってきたことがあげられる。
2010年でCHARPプログラムは20周年を迎えた。これを機会に、CHARPの経験を分析し、「チェルノブイリに関する最高の実例」として公開することにしている。プログラムの成功を国際社会に発表することは、原子力災害の事後対応で赤十字が得たユニークな体験を示すことになる。
プロジェクトの主な制約となったのは資金不足であった。国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)では国際社会からのさらなる支援を結集する方法や、どうしたら地域からの資金をもっと積極的に得ることができるかについて話し合った。 An important impact of CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities was the decrease of the stress level of the population achieved through psychosocial support.
In 2010 CHARP programme turned 20 years old. In this connection the experience by CHARP would be analysed and published as "a best practice case" of Chernobyl engagement. Publicising the success of the programme internationally would demonstrate the unique experience the Red Cross had obtained in the follow-up of a nuclear accident.
The main constraint of the project was lack of funding. ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) discussed ways of mobilizing further support from the international community and how to more actively increase local input. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2009/08/28 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000509-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2009/01/01 2009/06/30