• CHARPプラン2009-2010
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARPプラン2009-2010 CHARP Plan 2009-2010 甲状腺がんの劇的な増加を示しているにも関わらず、資金提供者の赤十字のユニークなプログラムへの関心は着実に下がっている。
チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の安定した継続のための戦略は、プログラムの主体を各国の赤十字社に移管し、活動をそれぞれの国の医療制度に徐々に統合していくことである。HIV/AIDS防止のための活動をCHARPに含める計画である。これはチェルノブイリ事故に直接関係している病気ではないが、MDLチームはHIVに関する重要な情報を与えることができるし、必要な血液検査も行うことができる。
このプログラムは、医学的検査の分野におけるスタッフの訓練と移動医療サービスを組織するモデルとなる。 Despite the clear indicators showing a dramatic increase in thyroid cancer, donor interest for this unique Red Cross programme had steadily declined.
For sustainability, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) strategy was handing over more programme responsibilities to the National Societies and gradually integrating its activities into the respective health care systems. it was planned to include HIV/AIDS preventive activities into CHARP. Though this disease is not directly linked with the Chernobyl disaster, the MDL (Mobile Diagnostic Laboratory) teams could give people important information on HIV and carry out necessary blood testing.
This programme was seen as a model for training the staff working within the sphere of medical screening and for organizing mobile medical service. 甲状腺がんの劇的な増加を示しているにも関わらず、資金提供者の赤十字のユニークなプログラムへの関心は着実に下がっている。
チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の安定した継続のための戦略は、プログラムの主体を各国の赤十字社に移管し、活動をそれぞれの国の医療制度に徐々に統合していくことである。HIV/AIDS防止のための活動をCHARPに含める計画である。これはチェルノブイリ事故に直接関係している病気ではないが、MDLチームはHIVに関する重要な情報を与えることができるし、必要な血液検査も行うことができる。
このプログラムは、医学的検査の分野におけるスタッフの訓練と移動医療サービスを組織するモデルとなる。 Despite the clear indicators showing a dramatic increase in thyroid cancer, donor interest for this unique Red Cross programme had steadily declined.
For sustainability, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) strategy was handing over more programme responsibilities to the National Societies and gradually integrating its activities into the respective health care systems. it was planned to include HIV/AIDS preventive activities into CHARP. Though this disease is not directly linked with the Chernobyl disaster, the MDL (Mobile Diagnostic Laboratory) teams could give people important information on HIV and carry out necessary blood testing.
This programme was seen as a model for training the staff working within the sphere of medical screening and for organizing mobile medical service. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2009/01/01 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,10ページ A4,10pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000507-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia