• CHARP年次報告2006-2007
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次報告2006-2007 CHARP Annual Report 2006-2007 2006年はチェルノブイリ事故から20周年であった。記念の年に合わせて被災各国の赤十字社は、ハイレベルの円卓会議、記者会見、その他の記念イベントなどを催した。
国連は2007年11月の総会において、チェルノブイリへの継続的な関心を呼びかけ、次の10年(2006-2016)を「復興と持続可能な開発」の10年であるの宣言する採択を行った。この採択はもっとも影響を受けた被災国の赤十字社とIFRCの貢献について認めている。
赤十字の移動診療所(MDL)が蓄積したデータでは、依然として甲状腺の病気が高い発症率を示していた。従って、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は今までと同じコンセプトでの活動、すなわち甲状腺の検診、こころのケア、子供たちへの総合ビタミン剤の配布を行う。さらに何か他のこともプログラムに加えられないかという調査の結果、乳がん検診が2008-2009年の提言に加えられた。 2006 was the 20th anniversary of Chernobyl accident. in connection with the anniversary, the Red Cross National Societies organized a number of high level round-table meetings, press conferences and other commemorating events.
In November 2007, the UN General Assembly adopted a resolution which calls for continuing attention to "Chernobyl" and proclaims the third decade (2006-2016) as a decade of "recovery and sustainable development". The resolution recognizes "the contribution of the Red Cross Societies of most affected countries and the IFRC.
The data collected by the RC MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) showed still a high incidence rate of thyroid illnesses. Therefore CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) would continue on the same conceptual basis, i.e., thyroid screening, psychosocial support, and the distribution of multivitamins to children. Also as the results of the research on what else could be included in the programme’s objectives, breast cancer screening was included in the appeal for 2008-2009. 2006年はチェルノブイリ事故から20周年であった。記念の年に合わせて被災各国の赤十字社は、ハイレベルの円卓会議、記者会見、その他の記念イベントなどを催した。
国連は2007年11月の総会において、チェルノブイリへの継続的な関心を呼びかけ、次の10年(2006-2016)を「復興と持続可能な開発」の10年であるの宣言する採択を行った。この採択はもっとも影響を受けた被災国の赤十字社とIFRCの貢献について認めている。
赤十字の移動診療所(MDL)が蓄積したデータでは、依然として甲状腺の病気が高い発症率を示していた。従って、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は今までと同じコンセプトでの活動、すなわち甲状腺の検診、こころのケア、子供たちへの総合ビタミン剤の配布を行う。さらに何か他のこともプログラムに加えられないかという調査の結果、乳がん検診が2008-2009年の提言に加えられた。 2006 was the 20th anniversary of Chernobyl accident. in connection with the anniversary, the Red Cross National Societies organized a number of high level round-table meetings, press conferences and other commemorating events.
In November 2007, the UN General Assembly adopted a resolution which calls for continuing attention to "Chernobyl" and proclaims the third decade (2006-2016) as a decade of "recovery and sustainable development". The resolution recognizes "the contribution of the Red Cross Societies of most affected countries and the IFRC.
The data collected by the RC MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) showed still a high incidence rate of thyroid illnesses. Therefore CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) would continue on the same conceptual basis, i.e., thyroid screening, psychosocial support, and the distribution of multivitamins to children. Also as the results of the research on what else could be included in the programme’s objectives, breast cancer screening was included in the appeal for 2008-2009. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,乳がん,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,breast cancer,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2008/04/04 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,5ページ A4,5pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000506-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2006/01/01 2007/12/31