• CHARPプログラムアップデート2006-2007 No3
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARPプログラムアップデート2006-2007 No3 CHARP Programme Update 2006-2007 No3 CHARPの2007年の資金は確保できたが、それ以降の活動の追加資金確保が必要であった。
本レポートの対象期間中に移動診療所(MDL)の専門家により検出されその後確認された甲状腺がんは78人にだった。MDLは甲状腺がんの検診を継続する。特に事故発生時に0-18歳だった人には特に注意を払う。
国連のチェルノブイリ国際協力調整機関からの要請で、連盟はチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の2005-2006年の活動に関する説明書類を準備した。これは、国連事務総長のチェルノブイリ関連の隔年報告に盛り込み、第62回国連総会で報告するためであった。 CHARP had been well-funded for 2007, but additional funding was required in the years to come.
During the reporting period MDL specialists detected thyroid cancer confirmed for 78 people. MDL (Mobile Diagnostic Laboratory) would continue screening for thyroid cancer, with paying special attentions to the people who were 0-18 years old at the time of the accident.
By request of the UN Coordinator of International Cooperation on Chernobyl, the Federation prepared material describing CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities in 2005-2006. This was to be included into the UN secretary General's biennial report on Chernobyl-related issues for the 62nd Session of the General Assembly. CHARPの2007年の資金は確保できたが、それ以降の活動の追加資金確保が必要であった。
本レポートの対象期間中に移動診療所(MDL)の専門家により検出されその後確認された甲状腺がんは78人にだった。MDLは甲状腺がんの検診を継続する。特に事故発生時に0-18歳だった人には特に注意を払う。
国連のチェルノブイリ国際協力調整機関からの要請で、連盟はチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の2005-2006年の活動に関する説明書類を準備した。これは、国連事務総長のチェルノブイリ関連の隔年報告に盛り込み、第62回国連総会で報告するためであった。 CHARP had been well-funded for 2007, but additional funding was required in the years to come.
During the reporting period MDL specialists detected thyroid cancer confirmed for 78 people. MDL (Mobile Diagnostic Laboratory) would continue screening for thyroid cancer, with paying special attentions to the people who were 0-18 years old at the time of the accident.
By request of the UN Coordinator of International Cooperation on Chernobyl, the Federation prepared material describing CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) activities in 2005-2006. This was to be included into the UN secretary General's biennial report on Chernobyl-related issues for the 62nd Session of the General Assembly. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,こころのケア,総合ビタミン剤,アイルランド政府,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,psychological care,multivitamin,Irish government,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2007/09/05 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,7ページ A4,7pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000504-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2007/01/01 2007/06/30