• CHARPプログラムアップデート2006-2007 No1
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARPプログラムアップデート2006-2007 No1 CHARP Programme Update 2006-2007 No1 チェルノブイリ原子力災害20周年と関連して、赤十字は、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)が果たしてきた重要な役割を理解してもらうため、国際社会に対する組織の代表として支持を得ることに注力した。
甲状腺がんの検診は継続された。103人の患者が甲状腺がんの疑いがあることが確認された。この期間に甲状腺がんが確認された人数は、昨年の同じ期間では81人で、今年はこれを大きく上回っている。甲状腺がん以外では、結節性病変が6,750人(34.6%)で、これも昨年の同時期の結果(4,885人 - 29%)に比べて高い。
全体の資金状況は良好であった。アイルランド政府は3年間(2006年5月-2009年5月)の活動資金として、50万ユーロを寄付した。 In the connection with the 20th anniversary of the Chernobyl nuclear disaster , the Red Cross undertook efforts for international representation and advocacy in order to show the important role played by CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) programme.
The screenings for thyroid gland cancer continued. In 103 patients, the suspected thyroid cancer cases were confirmed. The number of thyroid cancer cases detected during the reporting period was much higher than the result for the same period of the previous year, which was 81 patients. Besides thyroid cancer, the rate of nodular pathology (6,750 cases – 34.6%) was also higher than during the similar reporting period of 2005, which was 4,885 cases - 29%.
The overall funding situation was satisfactory. Irish government donated EURO 500,000 for three years (May 2006 - May 2009). チェルノブイリ原子力災害20周年と関連して、赤十字は、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)が果たしてきた重要な役割を理解してもらうため、国際社会に対する組織の代表として支持を得ることに注力した。
甲状腺がんの検診は継続された。103人の患者が甲状腺がんの疑いがあることが確認された。この期間に甲状腺がんが確認された人数は、昨年の同じ期間では81人で、今年はこれを大きく上回っている。甲状腺がん以外では、結節性病変が6,750人(34.6%)で、これも昨年の同時期の結果(4,885人 - 29%)に比べて高い。
全体の資金状況は良好であった。アイルランド政府は3年間(2006年5月-2009年5月)の活動資金として、50万ユーロを寄付した。 In the connection with the 20th anniversary of the Chernobyl nuclear disaster , the Red Cross undertook efforts for international representation and advocacy in order to show the important role played by CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) programme.
The screenings for thyroid gland cancer continued. In 103 patients, the suspected thyroid cancer cases were confirmed. The number of thyroid cancer cases detected during the reporting period was much higher than the result for the same period of the previous year, which was 81 patients. Besides thyroid cancer, the rate of nodular pathology (6,750 cases – 34.6%) was also higher than during the similar reporting period of 2005, which was 4,885 cases - 29%.
The overall funding situation was satisfactory. Irish government donated EURO 500,000 for three years (May 2006 - May 2009). チェルノブイリ原発事故,20周年,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,こころのケア,総合ビタミン剤,アイルランド政府,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,the 20th anniversary,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,psychological care,multivitamin,Irish government,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2006/07/14 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,11ページ A4,11pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000501-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2006/01 2006/05