• CHARP年次報告2005
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次報告2005 CHARP Annual Report 2005 事故による放射線被ばくに起因すると確認された病理は、大幅に増加した甲状腺がんである。この年には、6台の移動診療所(MDL)で検診を行う専門家は、10,055人を精密検査のために医療機関に紹介した。この内、221人の患者から甲状腺がんが確認された。早期発見のために、MDLにおいて現地で細針を使った生検が導入されている。ベラルーシとウクライナでは、MDLで検診を行う専門家が自分たちで生検を行っている。しかしロシアでは、法律によりMDLの医師が生検を行うことは禁じられている。このため、ロシアの診断センターが専門家をMDLが活動している地域に派遣している。 The pathology confirmed to be attributed to the accident’s radiation exposure was a large increase in thyroid cancer. In this year, the specialists of six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) referred 10,055 patients to medical institutions for in-depth examination. In 221 patients, the suspected thyroid cancer cases were confirmed. For the early detection, fine needle biopsies at the MDLs in the field were introduced. In Belarus and Ukraine, MDL Specialists perform the biopsies themselves. Russia, however, local legislation prevented MDL doctors from performing biopsies in the field. Therefore the Diagnostic Centre in Russia sent their specialists to the areas where the MDL was operating. 事故による放射線被ばくに起因すると確認された病理は、大幅に増加した甲状腺がんである。この年には、6台の移動診療所(MDL)で検診を行う専門家は、10,055人を精密検査のために医療機関に紹介した。この内、221人の患者から甲状腺がんが確認された。早期発見のために、MDLにおいて現地で細針を使った生検が導入されている。ベラルーシとウクライナでは、MDLで検診を行う専門家が自分たちで生検を行っている。しかしロシアでは、法律によりMDLの医師が生検を行うことは禁じられている。このため、ロシアの診断センターが専門家をMDLが活動している地域に派遣している。 The pathology confirmed to be attributed to the accident’s radiation exposure was a large increase in thyroid cancer. In this year, the specialists of six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) referred 10,055 patients to medical institutions for in-depth examination. In 221 patients, the suspected thyroid cancer cases were confirmed. For the early detection, fine needle biopsies at the MDLs in the field were introduced. In Belarus and Ukraine, MDL Specialists perform the biopsies themselves. Russia, however, local legislation prevented MDL doctors from performing biopsies in the field. Therefore the Diagnostic Centre in Russia sent their specialists to the areas where the MDL was operating. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2006/05/03 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,10ページ A4,10pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000500-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2005/01 2005/12