• CHARP提案2006-2007
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP提案2006-2007 CHARP Appeal 2006-2007 2006-2007提案では、資金提供者たちの注目を復活させ、プログラムを継続するための国際支援を求めるものであった。2006年はチェルノブイリ事故から20周年にあたる。
被害を受けた地域の甲状腺がんの発生率は、被害を受けていない地域の発生率と比べた平均で16倍も高い。
15年間のプログラムを通して、赤十字・赤新月社は他に代えがたい、実用的な専門知識を蓄積してきた。災害に対する準備及び災害に対しての対応における赤十字・赤新月社の役割は重要であると強調されている。この専門的な知識は、他の人でも利用可能である。
2006-2007年の取組みは、事故発生時40歳以下だった人に対する甲状腺がん検診を続けることである。特に、早期に治療を行い生命を救えるよう、できるだけ早く甲状腺がんを特定することに注力をする。 The Appeal 2006-2007 aimed to revitalize donors’ interest and to seek international support to continue the programme. In 2006, it was the twentieth anniversary of the Chernobyl accident.
The thyroid cancer incidence rate in the affected area was on average 16 times higher than that in not affected area by a nuclear accident.
After 15 years of programming, the Red Cross and Red Crescent had accumulated unique practical expertise. It was highlighted the important role of RCs in the preparedness for and response to technological disasters. This expertise was available to others.
The approach for 2006-2007 was to continue providing screening for thyroid cancer for the individuals who were 40 years old or under at the time of the disaster. The special task of this was to identify as early as possible thyroid gland cancer, to ensure early enough appropriate treatment to safe lives. 2006-2007提案では、資金提供者たちの注目を復活させ、プログラムを継続するための国際支援を求めるものであった。2006年はチェルノブイリ事故から20周年にあたる。
被害を受けた地域の甲状腺がんの発生率は、被害を受けていない地域の発生率と比べた平均で16倍も高い。
15年間のプログラムを通して、赤十字・赤新月社は他に代えがたい、実用的な専門知識を蓄積してきた。災害に対する準備及び災害に対しての対応における赤十字・赤新月社の役割は重要であると強調されている。この専門的な知識は、他の人でも利用可能である。
2006-2007年の取組みは、事故発生時40歳以下だった人に対する甲状腺がん検診を続けることである。特に、早期に治療を行い生命を救えるよう、できるだけ早く甲状腺がんを特定することに注力をする。 The Appeal 2006-2007 aimed to revitalize donors’ interest and to seek international support to continue the programme. In 2006, it was the twentieth anniversary of the Chernobyl accident.
The thyroid cancer incidence rate in the affected area was on average 16 times higher than that in not affected area by a nuclear accident.
After 15 years of programming, the Red Cross and Red Crescent had accumulated unique practical expertise. It was highlighted the important role of RCs in the preparedness for and response to technological disasters. This expertise was available to others.
The approach for 2006-2007 was to continue providing screening for thyroid cancer for the individuals who were 40 years old or under at the time of the disaster. The special task of this was to identify as early as possible thyroid gland cancer, to ensure early enough appropriate treatment to safe lives. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,生検,こころのケア,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,biopsy,psychological care,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2006/01/01 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,5ページ A4,5pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000499-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia