• CHARP評価報告2002
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP評価報告2002 CHARP Evaluation 2002 チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の4回目の評価が専門家で構成される連盟のチームにより行われた。
評価の目的は、プログラムの妥当性、有効性、効率性と持続可能性を見直し、必要であれば修正を提言することにある。
プログラムは1990年に始まり、当初は食料供給と環境の安全確保に重点がおかれていた。その後、移動診療所(MDL)による医療検診や心理社会的支援などの項目が追加されてきた。2001からは資金に不足に直面することがあり、関係機関や、連盟、各国の赤十字・赤新月社と問題の解決に当たってきた。
評価チームは、18項目の提言をまとめた。 The fourth evaluation for CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was performed by the International Federarion team consisted of the experts.
The purpose of the evaluation was to review the relevance, effectiveness, efficiency and sustainability of the programme and to make recommendations for changes if necessary.
The programme started in 1990, initially focusing on screening of food supply and environment, later on new objectives such as medical screenings by MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories), Psycho-Social Services are added. Since 2001, the programme had been facing funding shortage and working with related organizations, the Federation and National Societies to resolve it.
The evaluation team made 18 recommendations. チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の4回目の評価が専門家で構成される連盟のチームにより行われた。
評価の目的は、プログラムの妥当性、有効性、効率性と持続可能性を見直し、必要であれば修正を提言することにある。
プログラムは1990年に始まり、当初は食料供給と環境の安全確保に重点がおかれていた。その後、移動診療所(MDL)による医療検診や心理社会的支援などの項目が追加されてきた。2001からは資金に不足に直面することがあり、関係機関や、連盟、各国の赤十字・赤新月社と問題の解決に当たってきた。
評価チームは、18項目の提言をまとめた。 The fourth evaluation for CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was performed by the International Federarion team consisted of the experts.
The purpose of the evaluation was to review the relevance, effectiveness, efficiency and sustainability of the programme and to make recommendations for changes if necessary.
The programme started in 1990, initially focusing on screening of food supply and environment, later on new objectives such as medical screenings by MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories), Psycho-Social Services are added. Since 2001, the programme had been facing funding shortage and working with related organizations, the Federation and National Societies to resolve it.
The evaluation team made 18 recommendations. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,復興,レボチロキシン,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,rehabilitation,levothyroxine,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2002/07/01 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,33ページ A4,33pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000488-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1990 2002/04