• CHARP年次報告2001
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次報告2001 CHARP Annual Report 2001 最近の科学的研究によれば、低線量被ばくでも人のDNAにいくつかの変化をもたらす可能性があるという。研究者たちは、1986年のチェルノブイリ災害以降に生まれた子供のなかに、遺伝子の突然変異の予想以上に高い増加を発見した。
移動診療所(MDL)は2001年に9万人以上の医療診断を行い、106件の甲状腺がんを検出した。1997年には8件だった。
2001年のチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金では、すべての目標を達成することができなかった。レボチロキシン薬剤の供給は資金不足のため行われなかった。連盟と各赤十字社は、資金の状況を調査し、より現実的な目標を立てる必要があった。 According to the latest scientific research, even low doses of radiation can cause multiple changes in human DNA. Researchers found “an unexpectedly high increase” in mutations among children born after the 1986 Chernobyl disaster.
MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) carried out medical examination over 90,000 people in 2001, and detected 106 thyroid gland cancers comparing with 8 cases in 1997.
CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) funding in 2001 did not allow to fulfill all the objectives. No L-thyroxine supply due to lack of funds. The Federation and the National Societies needed to assess the funding situation to set more realistic objectives. 最近の科学的研究によれば、低線量被ばくでも人のDNAにいくつかの変化をもたらす可能性があるという。研究者たちは、1986年のチェルノブイリ災害以降に生まれた子供のなかに、遺伝子の突然変異の予想以上に高い増加を発見した。
移動診療所(MDL)は2001年に9万人以上の医療診断を行い、106件の甲状腺がんを検出した。1997年には8件だった。
2001年のチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の資金では、すべての目標を達成することができなかった。レボチロキシン薬剤の供給は資金不足のため行われなかった。連盟と各赤十字社は、資金の状況を調査し、より現実的な目標を立てる必要があった。 According to the latest scientific research, even low doses of radiation can cause multiple changes in human DNA. Researchers found “an unexpectedly high increase” in mutations among children born after the 1986 Chernobyl disaster.
MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) carried out medical examination over 90,000 people in 2001, and detected 106 thyroid gland cancers comparing with 8 cases in 1997.
CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) funding in 2001 did not allow to fulfill all the objectives. No L-thyroxine supply due to lack of funds. The Federation and the National Societies needed to assess the funding situation to set more realistic objectives. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,復興,レボチロキシン,総合ビタミン剤,低線量被ばく,突然変異,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,rehabilitation,levothyroxine,multivitamin,low radiation dose,mutations,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2002/05/17 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,7ページ A4,7pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000487-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 2001/01 2001/12