• CHARP年次提案2001-2002
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP年次提案2001-2002 CHARP Annual Appeal 2001-2002 チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は、2001-2002年の新しい行動計画を策定した。主要なゴールは、健康診断とこころの支援を被災者に提供することである。
目標は、(1)リスクの高い集団を優先した健康診断を継続し、年間9万人を目標とすること、(2)より強固で安定したリソースの確立を行い、復興とこころの支援活動を改善・拡大する、(3)子供たちへの複合ビタミン剤、甲状腺患者への必要な薬剤の供給。
この支援プログラムは、国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)が監視・調整する。このプログラムは長期の活動を視野に入れており、継続的な資金が必要である。 CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) set new plan of actions for the year 2001-2002. The primary goal was to provide health screenings and psychological supports to the victims.
The objectives were: (1) To continue health screening focusing on high risk groups, targeting 90,000 people a year. (2) To improve and expand rehabilitation and psychological support activities by developing strong and stabile resources. (3) To supply multivitamins to children and needed medicines to thyroid cancer patients.
The programme was to be supervised and co-ordinated by the International Chernobyl Co-ordination Committee (ICCC). The programme encompassed long-term activities and required sustained funding. チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)は、2001-2002年の新しい行動計画を策定した。主要なゴールは、健康診断とこころの支援を被災者に提供することである。
目標は、(1)リスクの高い集団を優先した健康診断を継続し、年間9万人を目標とすること、(2)より強固で安定したリソースの確立を行い、復興とこころの支援活動を改善・拡大する、(3)子供たちへの複合ビタミン剤、甲状腺患者への必要な薬剤の供給。
この支援プログラムは、国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)が監視・調整する。このプログラムは長期の活動を視野に入れており、継続的な資金が必要である。 CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) set new plan of actions for the year 2001-2002. The primary goal was to provide health screenings and psychological supports to the victims.
The objectives were: (1) To continue health screening focusing on high risk groups, targeting 90,000 people a year. (2) To improve and expand rehabilitation and psychological support activities by developing strong and stabile resources. (3) To supply multivitamins to children and needed medicines to thyroid cancer patients.
The programme was to be supervised and co-ordinated by the International Chernobyl Co-ordination Committee (ICCC). The programme encompassed long-term activities and required sustained funding. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,復興,レボチロキシン,総合ビタミン剤,ICCC,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,rehabilitation,levothyroxine,milk powder,multivitamin,ICCC,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 2001/01/01 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000485-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia