• CHARP状況報告1999 No2
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP状況報告1999 No2 CHARP Situation Report 1999 No2 被災地の住民たちの健康状態は悪いままである。大人の79.5%で、子供の75.7%でさまざまな病理が検出された。高い率での甲状腺病理やがんが検出された。6月に開催された資金提供者会議では良い支援が得られた。しかし、2000年以降の全体的な資金状況は依然として懸念事項である。
第3回目のチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の評価が使節団により行われた。使節団は、甲状腺がんの診断は補完的な健康診断とあわせて継続されるべきであることと、復興は優先されるべきであることとを提唱した。また、CHARPは重要なプログラムであり、少なくとも2006年までは継続されるべきことを確認した。 The health of the population in the affected area remained poor. Various pathologies were detected in 79.5% of adults and 75.7% of children. The high levels of thyroid gland pathologies and cancer detected. A donor meeting in June received good support, but the overall financial situation after 2000 remained of concern.
The 3rd evaluation for CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was carried out by the mission. They recommended the screening for thyroid gland cancer to be continued with complementary health check-up, rehabilitation to be a priority. They confirmed CHARP was important to programme and to be continued at least till 2006. 被災地の住民たちの健康状態は悪いままである。大人の79.5%で、子供の75.7%でさまざまな病理が検出された。高い率での甲状腺病理やがんが検出された。6月に開催された資金提供者会議では良い支援が得られた。しかし、2000年以降の全体的な資金状況は依然として懸念事項である。
第3回目のチェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の評価が使節団により行われた。使節団は、甲状腺がんの診断は補完的な健康診断とあわせて継続されるべきであることと、復興は優先されるべきであることとを提唱した。また、CHARPは重要なプログラムであり、少なくとも2006年までは継続されるべきことを確認した。 The health of the population in the affected area remained poor. Various pathologies were detected in 79.5% of adults and 75.7% of children. The high levels of thyroid gland pathologies and cancer detected. A donor meeting in June received good support, but the overall financial situation after 2000 remained of concern.
The 3rd evaluation for CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was carried out by the mission. They recommended the screening for thyroid gland cancer to be continued with complementary health check-up, rehabilitation to be a priority. They confirmed CHARP was important to programme and to be continued at least till 2006. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,資金不足,復興,レボチロキシン,粉ミルク,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,funding shortage,rehabilitation,levothyroxine,milk powder,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 1999/12/28 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,8ページ A4,8pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000483-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1999/06 1999/12