• CHARP状況報告1998 No1
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP状況報告1998 No1 CHARP Situation Report 1998 No1 6台の移動診療所(MDL)が年間9万人の目標に向けて稼働し始めた。甲状腺疾患の検出数は、驚くべき増加を示していた。
MDL運用スタッフへのトレーニングは続けられた。日本赤十字社はMDLスタッフの日本でのトレーニングと、内分泌学者のワークショップ開催のスポンサーとなった。心理社会的支援(PSS)のウクライナ、ロシアの被災地への拡大の準備中である。
近年、国際的な関心がチェルノブイリ事故の影響に関する科学的研究に集中する中、赤十字のプログラムは人道的な役割に焦点を当てている。
拡大国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)において、安定した資金確保の仕組みと、国際的な資金提供者や各国政府からの長期支援の約束が、重要な課題であることが認識された。 The six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) had begun working towards increased target of 90,000. The detection of thyroid gland diseases were showing an alarming increase.
The training for MDL team staff continued. Japanese Red Cross contributed for training staff in Japan as well as sponsored all the endocrinologists workshops. The extension of the Psycho-Social Support (PSS) programme into Ukraine and affected areas of Russia was being prepared.
Although the international attention had recently focused on scientific research on the effects of the Chernobyl accident, the Red Cross Programme had been focusing on an humanitarian role.
In the extended ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) meeting the key issues were identified, securing a funding base and long term commitment from international donors and local governments. 6台の移動診療所(MDL)が年間9万人の目標に向けて稼働し始めた。甲状腺疾患の検出数は、驚くべき増加を示していた。
MDL運用スタッフへのトレーニングは続けられた。日本赤十字社はMDLスタッフの日本でのトレーニングと、内分泌学者のワークショップ開催のスポンサーとなった。心理社会的支援(PSS)のウクライナ、ロシアの被災地への拡大の準備中である。
近年、国際的な関心がチェルノブイリ事故の影響に関する科学的研究に集中する中、赤十字のプログラムは人道的な役割に焦点を当てている。
拡大国際チェルノブイリ調整委員会(ICCC)において、安定した資金確保の仕組みと、国際的な資金提供者や各国政府からの長期支援の約束が、重要な課題であることが認識された。 The six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) had begun working towards increased target of 90,000. The detection of thyroid gland diseases were showing an alarming increase.
The training for MDL team staff continued. Japanese Red Cross contributed for training staff in Japan as well as sponsored all the endocrinologists workshops. The extension of the Psycho-Social Support (PSS) programme into Ukraine and affected areas of Russia was being prepared.
Although the international attention had recently focused on scientific research on the effects of the Chernobyl accident, the Red Cross Programme had been focusing on an humanitarian role.
In the extended ICCC (International Chernobyl Co-ordination Committee) meeting the key issues were identified, securing a funding base and long term commitment from international donors and local governments. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,補給食,ICCC,粉ミルク,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,supplementary food,ICCC,milk powder,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 1998/03/25 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,5ページ A4,5pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000478-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1997/11 1998/03