• CHARP緊急提案1997
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP緊急提案1997 CHARP Emergency Appeal 1997 1998年のチェルノブイリ原子力災害の被災者への支援は、もっともリスクが高いグループである子供や若い人に対する甲状腺病理診断と、心理社会的支援に重点をおく。6台の移動診療所により1998年には9万人の診断を行う、心理社会的支援のベラルーシでの範囲を拡大することとウクライナでの支援を始める、などのプログラムを実行するのには1,300,000スイスフランの資金が必要となる。
連盟は当時の規模の資金支援を1998-2000の間は行い、その後徐々に削減するつもりである。その間に、3か国の赤十字社と政府は、長期的資金確保のための準備を行う必要がある。 The assistance in 1998 to victims of the Chernobyl nuclear disaster focused on screening for thyroid gland pathologies, particularly in children and young people (the highest risk group), and on psycho-social support. The funds, total CHF 1,300,000 were needed to enable the programme's six mobile laboratories to screen 90,000 people in 1998, and to expand the reach of the psycho-social support throughout Belarus and introduce it into Ukraine.
The Federation was willing to support the financial level at that time for 1998-2000, then started withdrawing step by step. For the long term stability, however, the three National Societies and Governments had to prepare for financial responsibility during that time. 1998年のチェルノブイリ原子力災害の被災者への支援は、もっともリスクが高いグループである子供や若い人に対する甲状腺病理診断と、心理社会的支援に重点をおく。6台の移動診療所により1998年には9万人の診断を行う、心理社会的支援のベラルーシでの範囲を拡大することとウクライナでの支援を始める、などのプログラムを実行するのには1,300,000スイスフランの資金が必要となる。
連盟は当時の規模の資金支援を1998-2000の間は行い、その後徐々に削減するつもりである。その間に、3か国の赤十字社と政府は、長期的資金確保のための準備を行う必要がある。 The assistance in 1998 to victims of the Chernobyl nuclear disaster focused on screening for thyroid gland pathologies, particularly in children and young people (the highest risk group), and on psycho-social support. The funds, total CHF 1,300,000 were needed to enable the programme's six mobile laboratories to screen 90,000 people in 1998, and to expand the reach of the psycho-social support throughout Belarus and introduce it into Ukraine.
The Federation was willing to support the financial level at that time for 1998-2000, then started withdrawing step by step. For the long term stability, however, the three National Societies and Governments had to prepare for financial responsibility during that time. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,こころのケア,粉ミルク,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,psychological care,milk powder,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 1997/11/12 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,6ページ A4,6pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000476-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1998/01 1998/12