• CHARP状況報告1996 No1
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
CHARP状況報告1996 No1 CHARP Situation Report 1996 No1 チェルノブイリ原発事故から10年が経過したことから、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の成果がレビューされ、今後の方向付けがなされた。連盟のプログラムは、1990年から始まった。1992年には、6台の移動診療所(MDL)による、リスクのある集団に対する診断(年間6万の診断が可能)がスタートした。その結果、原子力災害と子供の甲状腺がん件数増加との関係が徐々に明確になった。一方、MDLで検出された多くの病気は、医療の欠如と劣悪な栄養による可能性が高いと思われる。1995年の秋には、欧州共同体人道援助事務所(ECHO)の資金援助による、粉ミルクと総合ビタミン剤の子供たちへの配布が行われた。 10 years after the Chernobyl nuclear accident, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was reviewed and its future orientation was determined. The Federation programme began in 1990. From 1992 the six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) had been screening the populations at risk (the capacity of about 60,000 per year), with results that increasingly confirmed the link between the disaster and the growing number of cases of thyroid cancer in children. On the other hand many of illnesses recorded by MDLs were more likely to be attributed to lack of medical care and bad nutrition. During the Autumn of 1995, milk powder and multivitamins funded by ECHO (European Community Humanitarian aid Office) were distributed for children. チェルノブイリ原発事故から10年が経過したことから、チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP)の成果がレビューされ、今後の方向付けがなされた。連盟のプログラムは、1990年から始まった。1992年には、6台の移動診療所(MDL)による、リスクのある集団に対する診断(年間6万の診断が可能)がスタートした。その結果、原子力災害と子供の甲状腺がん件数増加との関係が徐々に明確になった。一方、MDLで検出された多くの病気は、医療の欠如と劣悪な栄養による可能性が高いと思われる。1995年の秋には、欧州共同体人道援助事務所(ECHO)の資金援助による、粉ミルクと総合ビタミン剤の子供たちへの配布が行われた。 10 years after the Chernobyl nuclear accident, CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme) was reviewed and its future orientation was determined. The Federation programme began in 1990. From 1992 the six MDLs (Mobile Diagnostic Laboratories) had been screening the populations at risk (the capacity of about 60,000 per year), with results that increasingly confirmed the link between the disaster and the growing number of cases of thyroid cancer in children. On the other hand many of illnesses recorded by MDLs were more likely to be attributed to lack of medical care and bad nutrition. During the Autumn of 1995, milk powder and multivitamins funded by ECHO (European Community Humanitarian aid Office) were distributed for children. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,補給食,粉ミルク,総合ビタミン剤,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,supplementary food,milk powder,multivitamin,CAT-03-02 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 1996/04/04 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 英語 A4,4ページ A4,4pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000472-00 文書 文書データ 海外 ウクライナ Ukraine 海外 ベラルーシ Belarus 海外 ロシア Russia 1995/06 1996/01