• 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) チェルノブイリ人道支援プログラム(CHARP) レポート IFRC CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) Reports 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) のチェルノブイリ人道支援プログラム (CHARP) は、1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故により被災した住民を支援するため、1990年に始まった。この活動に関するIFRCのレポートのうち、IFRCのWebページで既に公開済のものを以下に集めた。 IFRC (International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies) started CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) activities in 1990 to improve the lives of the affected people by the Chernobyl Nuclear Accident occurred in 1986. Below are the list of IFRC's reports already published through the IFRC Web pages. 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC) のチェルノブイリ人道支援プログラム (CHARP) は、1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故により被災した住民を支援するため、1990年に始まった。この活動に関するIFRCのレポートのうち、IFRCのWebページで既に公開済のものを以下に集めた。 IFRC (International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies) started CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance & Rehabilitation Programme) activities in 1990 to improve the lives of the affected people by the Chernobyl Nuclear Accident occurred in 1986. Below are the list of IFRC's reports already published through the IFRC Web pages. チェルノブイリ原発事故,CHARP,国際赤十字・赤新月社連盟,医療検査,移動診療所,甲状腺がん,補給食,粉ミルク,総合ビタミン剤,生検,乳がん,HIV,AIDS,こころのケア,CAT-03-02 Chernobyl Nuclear Power Plant Accident,CHARP,International Federation of Red Cross and Red Crescent,medical screening,Mobile Diagnostic Laboratory,thyroid cancer,supplementary food,milk powder,multivitamin,biopsy,breast cancer,HIV,AIDS,psychological care,CAT-03-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society IFRC IFRC 医療支援 生活支援 福祉サービス 復興 チェルノブイリ原発事故 日本語 英語 A4,1ページ A4,1page 日本赤十字社 NDRC利用規約に準拠 条件付きで可 000569-00 文書 文書データ 1996 2013