• 「日赤なみえ保健室」オープン
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
「日赤なみえ保健室」オープン Japanese Red Cross Society opened a health counseling office in Namie, Fukushima. 日本赤十字社は、2012年10月から、福島第一原発事故の影響でいわき市内に避難している浪江町民の健康調査を行ってきたが、2013年10月9日に活動の拠点として「日赤なみえ保健室」をいわき市内に開設した。開所式において、浪江町長は日本赤十字社の活動に謝意を述べるとともに、「保健室を町民の健康管理、健康増進に活かしてほしい」と挨拶した。 Japanese Red Cross Society had been conducting the health check program for Namie people who are evacuating to Iwaki due to Fukushima Nuclear Power Plant Accident. On Oct. 9, 2013, the Society opened an office in Iwaki to continue the program activities. At the opening ceremony, the mayor of Namie thanked the Society, and addressed the Society to utilize the office for people's good health. 日本赤十字社は、2012年10月から、福島第一原発事故の影響でいわき市内に避難している浪江町民の健康調査を行ってきたが、2013年10月9日に活動の拠点として「日赤なみえ保健室」をいわき市内に開設した。開所式において、浪江町長は日本赤十字社の活動に謝意を述べるとともに、「保健室を町民の健康管理、健康増進に活かしてほしい」と挨拶した。 Japanese Red Cross Society had been conducting the health check program for Namie people who are evacuating to Iwaki due to Fukushima Nuclear Power Plant Accident. On Oct. 9, 2013, the Society opened an office in Iwaki to continue the program activities. At the opening ceremony, the mayor of Namie thanked the Society, and addressed the Society to utilize the office for people's good health. 健康調査,東日本大震災,福島第一原発事故,日本赤十字看護大学,赤十字病院,CAT-02-02 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,health check,The Japanese Red Cross College of Nursing,Red Cross Hospital,CAT-02-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 2013/11/01 医療支援 復興 福島第一原発事故 日本語 1ページ 1page 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society NDRC利用規約に準拠 000525-00 文書 記事・論文 福島県 いわき市 常磐上矢田町 Iwaki, Fukushima 2013/10/09 000451-00