• ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故周辺地域 調査報告書
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故周辺地域 調査報告書 Report on Assessment Mission to the Areas Affected by the Chernobyl Disaster, U.S.S.R. 本報告書は、1990年1月に行われた赤十字社・赤新月社連盟によるチェルノブイリ原子力発電所事故被災地域調査の報告書を日本赤十字社が邦訳したものです。調査には、日本、イギリス、スウェーデン、オランダ、西ドイツ(当時)から調査員が派遣され、8日間に渡って実施されました。
汚染地域内には未だに多くの住人が生活していて、何らかの心理的不安を抱えています。健康への影響に関しては、医学的データの不足や医療専門家の放射線に関する科学的知識の欠落などにより、すべての身体の不調が放射能のせいにされるなど誤った認識がされていて、これが心理的不安を高める要因になっていると指摘されています。事故後4年になる1990年の時点には、甲状腺がんが増加していることについて注目しています。
報告書では、現存する問題点による影響を緩和するため、被災者に対する正しい情報提供やカウンセリングの充実が提案されています。また、ソ連国内外の科学者や国際機関と協力して、事故の経験から学ぶ機会を提供していくことが大切であることが提言されています。 This document is a report on assessment of the areas affected by the Chernobyl Nuclear Power Plant accident, which was conducted by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) in January 1990. This assessment mission included delegates from Japan, the U.K., Sweden, the Netherlands and West Germany (at the time) and they implemented the mission for eight days.
Many people are still living in the contaminated areas and have some psychological anxieties. Regarding the health effects that they suffered, the released radiation was blamed for all of their physical disorders because there was lack of medical data and healthcare professionals had no scientific knowledge about radiation. It was pointed out in the report that this perception was wrong and mainly responsible for increasing their psychological anxieties. In 1990, four years after the nuclear accident, the mission focused on the increasing number of thyroid cancer cases.
This report proposes to provide accurate information and better counseling to the survivors in order to alleviate their sufferings caused by some problems which still exist. The report also makes recommendations that it is important for the IFRC to offer opportunities to learn lessons from the Chernobyl accident experience in cooperation with scientists in and out of the Soviet Union and international organizations. 本報告書は、1990年1月に行われた赤十字社・赤新月社連盟によるチェルノブイリ原子力発電所事故被災地域調査の報告書を日本赤十字社が邦訳したものです。調査には、日本、イギリス、スウェーデン、オランダ、西ドイツ(当時)から調査員が派遣され、8日間に渡って実施されました。
汚染地域内には未だに多くの住人が生活していて、何らかの心理的不安を抱えています。健康への影響に関しては、医学的データの不足や医療専門家の放射線に関する科学的知識の欠落などにより、すべての身体の不調が放射能のせいにされるなど誤った認識がされていて、これが心理的不安を高める要因になっていると指摘されています。事故後4年になる1990年の時点には、甲状腺がんが増加していることについて注目しています。
報告書では、現存する問題点による影響を緩和するため、被災者に対する正しい情報提供やカウンセリングの充実が提案されています。また、ソ連国内外の科学者や国際機関と協力して、事故の経験から学ぶ機会を提供していくことが大切であることが提言されています。 This document is a report on assessment of the areas affected by the Chernobyl Nuclear Power Plant accident, which was conducted by the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) in January 1990. This assessment mission included delegates from Japan, the U.K., Sweden, the Netherlands and West Germany (at the time) and they implemented the mission for eight days.
Many people are still living in the contaminated areas and have some psychological anxieties. Regarding the health effects that they suffered, the released radiation was blamed for all of their physical disorders because there was lack of medical data and healthcare professionals had no scientific knowledge about radiation. It was pointed out in the report that this perception was wrong and mainly responsible for increasing their psychological anxieties. In 1990, four years after the nuclear accident, the mission focused on the increasing number of thyroid cancer cases.
This report proposes to provide accurate information and better counseling to the survivors in order to alleviate their sufferings caused by some problems which still exist. The report also makes recommendations that it is important for the IFRC to offer opportunities to learn lessons from the Chernobyl accident experience in cooperation with scientists in and out of the Soviet Union and international organizations. チェルノブイリ原発事故,放射線,被ばく,甲状腺がん,CAT-03-01 Chernobyl Nuclear accident,radiation,radiation exposure,thyroid cancer,CAT-03-01 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 医療支援 生活支援 復興 チェルノブイリ原発事故 日本語 英語 A4,20ページ A4,28pages 国際赤十字・赤新月社連盟 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies NDRC利用規約に準拠 000449-00 文書 記事・論文 旧ソ連ウクライナ共和国 チェルノブイリ Chernobyl,Former USSR 1990/01/09 1990/01/16 000450-00