• 福島で生きる
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
福島で生きる Living in the shadow of Fukushima 福島で生きる人たちは、今も放射能の影響を心配している。空間線量率が安全とされる基準値以下を示していても、子供を外で遊ばせない親たち。日本赤十字社は子供たちが放射線の影響を気にせず遊べるよう、屋内型プレイグランド「すまいるぱーく」を提供している。市町村の考えも様々だ。住民に帰還を促す自治体もあれば、放射線のリスクは高いとする自治体もある。 People living in Fukushima have concerns on radiation level. Some parents let their children play indoors, and not outdoors. Japanese Red Cross Society provided indoor playground called 'Smile park' to ease these pressure coming from radiation level. 福島で生きる人たちは、今も放射能の影響を心配している。空間線量率が安全とされる基準値以下を示していても、子供を外で遊ばせない親たち。日本赤十字社は子供たちが放射線の影響を気にせず遊べるよう、屋内型プレイグランド「すまいるぱーく」を提供している。市町村の考えも様々だ。住民に帰還を促す自治体もあれば、放射線のリスクは高いとする自治体もある。 People living in Fukushima have concerns on radiation level. Some parents let their children play indoors, and not outdoors. Japanese Red Cross Society provided indoor playground called 'Smile park' to ease these pressure coming from radiation level. 福島第一原発事故,すまいるぱーく,プレイグランド,キッズプロジェクト Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,Smile Park,indoor playground,Kids Project 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 復興 福島第一原発事故 英語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000405-00 文書 オンライン資料 福島県 Fukushima