• 東日本大震災1年:福島での新しい生活
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災1年:福島での新しい生活 Japan One Year: Diary 6 Adjusting to a new life in Fukushima by Francis Markus in Koriyama 東日本大震災から1年が経過しました。福島第一原発事故により、避難生活を強いられる人々は知恵を出しながら、避難先の環境で日々を送っています。福島第一原発の近くで農家だった女性は今でも家に戻りたいと思っています。しかし住み慣れた地に戻れるのはいつになるかはわかりません。 One year on, people live their everyday lives in their evacuation locations after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident by helping each other. A woman who used to be a farmer living in an area near the nuclear power plant still wants to return to her home, but it is still unknown when she can go back to her hometown. 東日本大震災から1年が経過しました。福島第一原発事故により、避難生活を強いられる人々は知恵を出しながら、避難先の環境で日々を送っています。福島第一原発の近くで農家だった女性は今でも家に戻りたいと思っています。しかし住み慣れた地に戻れるのはいつになるかはわかりません。 One year on, people live their everyday lives in their evacuation locations after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident by helping each other. A woman who used to be a farmer living in an area near the nuclear power plant still wants to return to her home, but it is still unknown when she can go back to her hometown. 東日本大震災,福島第一原発事故,仮設住宅,一時帰宅,CAT-02-07 Great East Japan Earthquake and Tsunami,Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,temporary housing,temporary home visit,CAT-02-07 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 復旧 福島第一原発事故 英語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000404-00 文書 オンライン資料