• 東日本大震災6か月:被災者の孤立防止のために活躍する赤十字ボランティア
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災6か月:被災者の孤立防止のために活躍する赤十字ボランティア Six Months on: Red Cross Volunteers help Fukushima survivors socialize - Japan Diary 3 by Francis Markus in Yabuki, Fukushima Prefecture - 東日本大震災の津波で家を流された人、あるいは福島第一原発事故によって避難を強いられている人々が身を寄せ合う仮設住宅。当初はお互いを知らなかったが、赤十字ボランティアが企画する催し物によって互いに知り合い、コミュニティが形成されていく。 Red Cross Volunteers made effort to organize peoples living in temporary shelter to prevent feel of isolation. 東日本大震災の津波で家を流された人、あるいは福島第一原発事故によって避難を強いられている人々が身を寄せ合う仮設住宅。当初はお互いを知らなかったが、赤十字ボランティアが企画する催し物によって互いに知り合い、コミュニティが形成されていく。 Red Cross Volunteers made effort to organize peoples living in temporary shelter to prevent feel of isolation. 東日本大震災,福島第一原発事故,赤十字ボランティア Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Red Cross Volunteers 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 応急対策(1か月~6か月) 福島第一原発事故 英語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000401-00 文書 オンライン資料 福島県 矢吹町 Yabuki,fukushima