• 東日本大震災6か月:地元農産品とともに
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災6か月:地元農産品とともに Six Months on: People and Produce bound together: - Japan Diary 2 by Francis Markus in Yabuki, Fukushima Prefecture - 放射能への不安を感じながら、活動する福島の赤十字奉仕団に人たちです。ある奉仕団員は、自分の子供から福島産品を送らないようにいわれ、ショックを感じました。自分自身は何の心配もしていませんが、それは子供たちが孫のことを考えての行動と考え、やむを得ないことと納得しました。 Red Cross volunteers living in Fukushima provide volunteering services while being concerned about radiation. One of them was shocked by being told by her children not to send produce made in Fukushima any more. She is not worrisome for herself, but accepts her children's request because she understands her children are concerned about their children. 放射能への不安を感じながら、活動する福島の赤十字奉仕団に人たちです。ある奉仕団員は、自分の子供から福島産品を送らないようにいわれ、ショックを感じました。自分自身は何の心配もしていませんが、それは子供たちが孫のことを考えての行動と考え、やむを得ないことと納得しました。 Red Cross volunteers living in Fukushima provide volunteering services while being concerned about radiation. One of them was shocked by being told by her children not to send produce made in Fukushima any more. She is not worrisome for herself, but accepts her children's request because she understands her children are concerned about their children. 福島第一原発事故,風評被害,食の安全,赤十字奉仕団,CAT-02-02 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,harmful rumor,food safety,Red Cross Volunteers,CAT-02-02 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 応急対策(1か月~6か月) 福島第一原発事故 英語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000400-00 文書 オンライン資料 福島県 矢吹町 Yabuki,fukushima