• 原子力災害における日赤の救護活動を行う際の累積被ばく線量について
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
原子力災害における日赤の救護活動を行う際の累積被ばく線量について Radiological exposure on medical relief activities conducted by Japanese Red Cross Society in case of nuclear disaster. 日本赤十字社は、東日本大震災・福島第一原発事故での教訓を踏まえて2013年5月に「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成した。災害発生時に救護にあたる救護班員の救護期間(最大1週間)中の累積上限被ばく線量を1mSVとした。 In May 2013, the Japanese Red Cross Society developed "Manual for Relief Activities under Nuclear Disasters” based on lessons learned from the Great East Japan Earthquake and the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. The manual refers to a cumulative radiation limit dose during relief activities (up to one week) by a relief team member as 1mSv. 日本赤十字社は、東日本大震災・福島第一原発事故での教訓を踏まえて2013年5月に「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成した。災害発生時に救護にあたる救護班員の救護期間(最大1週間)中の累積上限被ばく線量を1mSVとした。 In May 2013, the Japanese Red Cross Society developed "Manual for Relief Activities under Nuclear Disasters” based on lessons learned from the Great East Japan Earthquake and the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. The manual refers to a cumulative radiation limit dose during relief activities (up to one week) by a relief team member as 1mSv. 福島第一原発事故,原子力災害,救護班 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,relief team,nuclear disaster 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 医療支援 福祉サービス 災害対応能力強化 予防 応急対策 福島第一原発事故 日本語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000296-00 文書 オンライン資料 2013/05 000043-00_赤十字新聞H25_6_P3原子力災害時の救護活動マニュアル作成jpn.pdf