• 「すまいるぱーくin Fukushima」開催 笑顔がいっぱい ふえると いいな
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
「すまいるぱーくin Fukushima」開催 笑顔がいっぱい ふえると いいな JRCS provided an indoor playground program "Smile Park" in Fukushima 日本赤十字社は、東日本大震災復興支援事業の一環として、2012年2月8日(水)から2月16日(木)まで、福島県青少年会館 体育館にて『すまいるぱーく in FUKUSHIMA』を開催した。『すまいるぱーく in FUKUSHIMA』は、福島第一原発事故の影響で屋外に出られず運動不足や精神的ストレスを感じている幼児がおもいきり運動や遊びを楽しめる場所を提供し、ストレスの解消と運動能力の向上を目的としている。 The Japanese Red Cross Society conducted a program called "Smile Park" in Fukushima on February 8 - 16, 2012 as part of its recovery programs for people affected by the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Young children in Fukushima were not allowed to play outdoors due to the consequences of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident and lacked exercise with psychological stress. This program was aimed at providing those children with a space to play and exercise freely, release stress and improve their physical capabilities. 日本赤十字社は、東日本大震災復興支援事業の一環として、2012年2月8日(水)から2月16日(木)まで、福島県青少年会館 体育館にて『すまいるぱーく in FUKUSHIMA』を開催した。『すまいるぱーく in FUKUSHIMA』は、福島第一原発事故の影響で屋外に出られず運動不足や精神的ストレスを感じている幼児がおもいきり運動や遊びを楽しめる場所を提供し、ストレスの解消と運動能力の向上を目的としている。 The Japanese Red Cross Society conducted a program called "Smile Park" in Fukushima on February 8 - 16, 2012 as part of its recovery programs for people affected by the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Young children in Fukushima were not allowed to play outdoors due to the consequences of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident and lacked exercise with psychological stress. This program was aimed at providing those children with a space to play and exercise freely, release stress and improve their physical capabilities. すまいるぱーく,屋内プレイグランド,キッズプロジェクト,教育支援,CAT-02-04 Smile Park,indoor playground,Kids Project,educational support,CAT-02-04 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 福祉サービス 応急対策(1か月~6か月) 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000282-00 文書 オンライン資料 福島県 福島市 青少年会館体育館 Fukushima,fukushima 37.760832 140.474729 2012/02/08 2012/02/16