• 福島県のJRC(青少年赤十字)高校生が、東京都内で県産農産物をPR
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
福島県のJRC(青少年赤十字)高校生が、東京都内で県産農産物をPR Member of Junior Red Cross(JRC) in Fukushima promoted farm products made in Fukushima. 青少年赤十字に加盟する福島県内の高校生60名が、福島第一原発事故による福島県産農産物への風評被害を防ぐため、2011年9月に都内で地元農産物のPRを行なった。 In Sep.2011, high school students, who were member of Junior Red Cross living in Fukushima Prefecture, had a public relations activity to promote farm products made in the Prefecture to prevent harmful rumor caused by Fukushima Nuclear Power Plant accident. These students distributed free pears to people in Tokyo. 青少年赤十字に加盟する福島県内の高校生60名が、福島第一原発事故による福島県産農産物への風評被害を防ぐため、2011年9月に都内で地元農産物のPRを行なった。 In Sep.2011, high school students, who were member of Junior Red Cross living in Fukushima Prefecture, had a public relations activity to promote farm products made in the Prefecture to prevent harmful rumor caused by Fukushima Nuclear Power Plant accident. These students distributed free pears to people in Tokyo. 風評被害,青少年赤十字 harmful rumor,Junior Red Cross 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 生活支援 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000276-00 文書 オンライン資料 東京都 世田谷区 Setagaya,Tokyo 2011/09/10 000024-00_赤十字新聞H23_10_P5梨の無料配布jpn.pdf