• 東日本大震災:報道機関対象「放射線の基礎知識」セミナーを開催します
読み込み中...
情報は見つかりませんでした。
東日本大震災:報道機関対象「放射線の基礎知識」セミナーを開催します JRCS to hold a seminar about basic knowledge of radiation for media reporters 日本赤十字社(日赤)は、2011年4月28日に福島県支部にて「放射線の基礎知識」セミナーを開催しました。これは福島第一原発事故以来、放射線への誤った知識から避難者が差別を受けたといった報道が出てきたためです。セミナーの対象は報道機関で、講師は、日赤が当時福島県に派遣していた緊急被ばく医療アドバイザーが担当しました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) held a seminar on basic knowledge about radiation for media reporters for the purpose of their better understanding of radiation. The seminar was arranged because the evacuees may be discriminated in their evacuation locations where they fled to after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident due to the public's lack of accurate knowledge. The seminar instructors were radiation emergency medical advisors that the JRCS dispatched to Fukushima Prefecture at that time. 日本赤十字社(日赤)は、2011年4月28日に福島県支部にて「放射線の基礎知識」セミナーを開催しました。これは福島第一原発事故以来、放射線への誤った知識から避難者が差別を受けたといった報道が出てきたためです。セミナーの対象は報道機関で、講師は、日赤が当時福島県に派遣していた緊急被ばく医療アドバイザーが担当しました。 The Japanese Red Cross Society (JRCS) held a seminar on basic knowledge about radiation for media reporters for the purpose of their better understanding of radiation. The seminar was arranged because the evacuees may be discriminated in their evacuation locations where they fled to after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident due to the public's lack of accurate knowledge. The seminar instructors were radiation emergency medical advisors that the JRCS dispatched to Fukushima Prefecture at that time. 福島第一原発事故,風評被害,放射線の基礎知識,緊急被ばくアドバイザー,セミナー,CAT-04-05 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,harmful rumor,basic knowledge of radiation,radiation emergency medical advisor,seminar,CAT-04-05 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society その他 予防 東日本大震災 福島第一原発事故 日本語 日本赤十字社 Japanese Red Cross Society 000273-00 文書 オンライン資料 福島県 福島市 fukushima,fukushima 37.760832 140.474729 2011/04/28 000018-00_赤十字新聞H23_6_P6風評被害防止セミナーjpn.pdf