• 赤十字原子力災害情報センターについて

赤十字原子力災害情報センターについて

 日本赤十字社(以下、日赤)は、東日本大震災、福島第一原子力発電所事故の発生直後から、福島県内で救護活動を展開しましたが、原子力災害下においては十分な活動を行うことができませんでした。これは原子力災害に関する情報、資機材の整備、外部との連携体制の構築など、日赤の事前の備えが不足していたことが一因でした。この教訓から、日赤は将来起こり得る原子力災害に対応できる体制を構築する必要性を強く感じました。

 また、2011年に開催された国際赤十字・赤新月社連盟総会において、各国赤十字・赤新月社が原子力災害対策を強化することをうたった「原子力事故がもたらす人道的影響に関する決議」[PDF] が採択されました。
 このような背景から、日赤は2013年10月に赤十字原子力災害情報センターを日赤本社内に設立し、原子力災害対応のための体制の強化、人材育成、原子力災害に関する情報収集と発信などに取り組むことになりました。

関連ページ


日本赤十字社社長からの挨拶
福島第一原発事故について
赤十字原子力災害情報センターの活動
原子力災害に備える取り組み
よくあるご質問

お問い合わせについて


赤十字原子力災害情報センターに関してご質問がある場合は、こちら のフォームからお問い合わせください。

赤十字原子力災害情報センター
〒105-8521 東京都港区芝大門1丁目1番3号 日本赤十字社本社内

赤十字原子力災害情報センター
〒105-8521
東京都港区芝大門1丁目1番3号 日本赤十字社本社内