ご使用のブラウザはサポートされていません。
最新のブラウザにアップグレードしてください。

利用環境


快適にご利用していただくために、以下のOSとバージョンのブラウザを推奨しています。

1.Windows
OS Windows 7
ブラウザ Internet Explorer version 8, 9, 10
FireFox 21
Safari 5.0
Google Chrome 27.0
2.Mac
OS Mac OS X
ブラウザ Safari 5.0
Google Chrome 27.0
  • いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業
    Health Interview Survey and Health Assistance for People Evacuated from Namie Town to Iwaki City

    福島第一原発事故による放射線の影響で、浪江町は全町避難を余儀なくされました。住民は県内外に避難し、特にいわき市では、各地域に分散した借り上げ住宅に避難した町民も多く、そこでは行政サービスや保健サービスを受けることが困難であり、住民同士が集まる場所も少ないため孤立しやすい状況にありました。このため日本赤十字社と日本赤十字看護大学は、いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業を共同で行いました。2012年10月から2017年3月まで行われた活動について紹介します。

    福島第一原発事故による放射線の影響で、浪江町は全町避難を余儀なくされました。住民は県内外に避難し、特にいわき市では、各地域に分散した借り上げ住宅に避難した町民も多く、そこでは行政サービスや保健サービスを受けることが困難であり、住民同士が集まる場所も少ないため孤立しやすい状況にありました。このため日本赤十字社と日本赤十字看護大学は、いわき市内に避難している浪江町民の健康調査支援事業を共同で行いました。2012年10月から2017年3月まで行われた活動について紹介します。

  • CHARP
    チェルノブイリ人道支援プログラム
    CHARP
    Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme

    1986年4月26日にソビエト連邦ウクライナ共和国(当時)にあるチェルノブイリ原子力発電所 4号炉が爆発し、410万人の住民に影響を与えました。1990年に国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)とウクライナ、ベラルーシ、ロシアの各赤十字社は、CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme:チェルノブイリ人道支援プログラム) を立ち上げ、以降2012年まで被災者を支援する活動を行ってきました。CHARPの22年におよぶ活動についてまとめました。

    1986年4月26日にソビエト連邦ウクライナ共和国(当時)にあるチェルノブイリ原子力発電所 4号炉が爆発し、410万人の住民に影響を与えました。1990年に国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)とウクライナ、ベラルーシ、ロシアの各赤十字社は、CHARP (Chernobyl Humanitarian Assistance and Rehabilitation Programme:チェルノブイリ人道支援プログラム) を立ち上げ、以降2012年まで被災者を支援する活動を行ってきました。CHARPの22年におよぶ活動についてまとめました。

  • 将来発生するかもしれない「もしもの時」に備えて
    Preparedness for possible future nuclear disasters

    日本赤十字社では、2011年の東日本大震災とそれに続いて発生した福島第一原子力発電所事故の経験と教訓から、将来発生するかもしれない原子力災害への備えに取り組んでいます。震災発生から5年が経過した今、これまでに行ってきた取り組みについて紹介します。

    日本赤十字社では、2011年の東日本大震災とそれに続いて発生した福島第一原子力発電所事故の経験と教訓から、将来発生するかもしれない原子力災害への備えに取り組んでいます。震災発生から5年が経過した今、これまでに行ってきた取り組みについて紹介します。

  • 国際赤十字・赤新月社連盟の原子力災害に対する取り組み
    Efforts by the IFRC to Tackle Nuclear Disaster

    国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)の原子力災害に対する取り組みは、1979年のスリーマイル島、1986年4月のチェルノブイリで発生した原子力発電所事故にさかのぼります。これまでにIFRCが取り組んできた原子力災害に対する取り組みについて、本アーカイブで紹介してきた企画展をまとめて紹介しています。

    国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)の原子力災害に対する取り組みは、1979年のスリーマイル島、1986年4月のチェルノブイリで発生した原子力発電所事故にさかのぼります。これまでにIFRCが取り組んできた原子力災害に対する取り組みについて、本アーカイブで紹介してきた企画展をまとめて紹介しています。

  • 日本赤十字社の復興支援活動
    Recovery Assistance Programs of the JRCS

    日本赤十字社は、海外の赤十字社・赤新月社などを通じて寄せられた海外救援金を財源に、2011年3月に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の被災者に対して様々な支援活動を行っています。これまでに取り組んだ復興支援活動について、本アーカイブで紹介してきた企画展をまとめて紹介しています。

    日本赤十字社は、海外の赤十字社・赤新月社などを通じて寄せられた海外救援金を財源に、2011年3月に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の被災者に対して様々な支援活動を行っています。これまでに取り組んだ復興支援活動について、本アーカイブで紹介してきた企画展をまとめて紹介しています。

  • 赤十字原子力災害セミナー開催報告
    Red Cross Nuclear Disaster Seminars

    日本赤十字社は、原子力災害に関する情報発信や啓発活動の一環として、原子力災害に関する様々なテーマを設定し「赤十字原子力災害セミナー」を開催しました。本アーカイブで紹介してきた、これまでに開催した「赤十字原子力災害セミナー」について、まとめて紹介しています。

    日本赤十字社は、原子力災害に関する情報発信や啓発活動の一環として、原子力災害に関する様々なテーマを設定し「赤十字原子力災害セミナー」を開催しました。本アーカイブで紹介してきた、これまでに開催した「赤十字原子力災害セミナー」について、まとめて紹介しています。

  • 福島第一原発事故における日本赤十字社の救護活動
    Relief Activities by the JRCS After the Outset of the Fukushima Daiichi Accident

    日本赤十字社は東日本大震災発生直後から被災地における救護活動を展開しました。しかしその後発生した福島第一原子力発電所の事故により、福島県においては救護班の一時的な撤退を余儀なくされました。本アーカイブで紹介してきた、原発事故発生時の日本赤十字社の救護活動の企画展を全て紹介しています。

    日本赤十字社は東日本大震災発生直後から被災地における救護活動を展開しました。しかしその後発生した福島第一原子力発電所の事故により、福島県においては救護班の一時的な撤退を余儀なくされました。本アーカイブで紹介してきた、原発事故発生時の日本赤十字社の救護活動の企画展を全て紹介しています。

新着情報 RSS

コンテンツ更新
2018/01/17

これまで、国際赤十字・赤新月社連盟が取り組んできた原子力災害に対する取り組みについては、デジタルアーカイブを通して企画展として紹介てきました。これらの企画展をまとめて紹介しています

コンテンツ更新
2018/01/12

日本赤十字社が、これまでに取り組んだ復興支援活動については、デジタルアーカイブを通して企画展として紹介してきました。これらの企画展をまとめて紹介しています

コンテンツ更新
2017/12/25

これまでに日本赤十字社が開催した「赤十字原子力災害セミナー」について、まとめて紹介しています。詳細はこちらをご覧ください。